【無料楽譜】ショパン:12の練習曲(エチュード)Op.10

《12の練習曲(エチュード)Op.10》はショパンが最初に出版した練習曲集。後に《12の練習曲(エチュード)Op.25》と《3つの新練習曲》も作曲された。

初版は1833年に発表されたが、一部は1829年には既に作曲されていた。ショパンは当時23歳で、パリのサロンでは既に有名な作曲家、ピアニストとして認知されていた。

この曲集はフランツ・リストに捧げられた。リストは超絶的な技巧を持つ当時最高のピアニスト。「ピアノの魔術師」と呼ばれ、どんな曲でも初見で弾きこなしたといわれている。

しかしそんなリストでも、このショパンの《12の練習曲 Op.10》だけは初見で弾きこなすことができなかったと云われている。その影響で彼はパリから突如姿を消してしまい、数週間後に全曲を弾きこなしショパンを驚嘆させたことから、ショパンが同曲を献呈したという話がある。

総演奏時間:約33分30秒

楽譜(PDF形式)

ショパン:12の練習曲 Op.10 / ペータース サンプル

  • 編集・校訂:ハーマン・ショルツ
  • 出版社:ペータース
  • 著作権:パブリックドメイン
  • 楽譜参照元:IMSLP

個別無料楽譜

第1番 ハ長調『滝』
難易度:SS+
第2番 イ短調
難易度:SS
第3番 ホ長調『別れ』
難易度:A+
第4番 嬰ハ短調
難易度:SS
第5番 変ト長調『黒鍵』
難易度:S
第6番 変ホ短調
難易度:A+
第7番 ハ長調
難易度:S
第8番 ヘ長調
難易度:SS
第9番 ヘ短調
難易度:S
第10番 変イ長調
難易度:S
第11番 変ホ長調
難易度:S
第12番 ハ短調『革命』
難易度:S+

コメントを残す

CAPTCHA